埼玉県が暑くなる理由とは?!断熱フィルムは必須?!


あとわずかでまさに「灼熱」のような夏が今年もやってまいります。
毎年熱中症で救急搬送される方が出てしまう現状、「熱」への対策が必須と言えます。

弊社は埼玉県に位置しておりますが、熊谷市含め、なぜ埼玉県はここまで
暑くなるのか少し調べてみました。
さまざまな理由があるみたいですが、
その中でも特に関係している原因が2つあるそうです。

1つは「ヒートアイランド現象」が要因になっているということ。
「ヒートアイランド現象」、1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
これは大きな都市の中心部が郊外より気温が高くなる現象で、
・コンクリートのビルや、アスファルトの道路が、日中に太陽から熱を受け、
それを夜になって徐々に放出するため、地面付近に熱がたまりやすいこと。
・エアコンや自動車などが、人工的な熱をたくさん出すこと。
・水分の蒸発で まわりの気温を下げてくれる土の地面や草や木が、
都市の中心部には少ないこと。(出典元 熊谷地方気象台)

が原因だそうです。
これが埼玉にも影響しており、
太平洋側から吹く冷涼な海風が都心の熱(ヒートアイランド現象)によって
熱せられて、その風が埼玉に入ってくるという原因があるそうです。

2つ目に熊谷市などに関係しているのが「フェーン現象」です。
上空の風が、関東平野の北側や西側の山を越えたあと吹きおりてくることがあります。
地上は上空より気圧が高いので、吹きおりてくるにしたがって空気は圧縮されて
温度が上がります。
これが「フェーン現象」といいます。(出典元 熊谷地方気象台)

もともと暑くなる条件が揃っていると言っても過言ではない埼玉県。

近隣の皆様も、交通量も多く、車を使用することが多いのが
埼玉と感じるのではないでしょうか。

さて、その中で熱中症対策を車に施さないのはいかがなものなのでしょうか。
「黒くするにはカーフィルム」の時代は過去の話、
当店取り扱いの「シルフィード」は断熱材が入っており、
施工しても見た目や濃さがほとんど変わらないものもありますので、
視界の確保の点を気にされてる方でも安心してご利用いただけます。
しかも現在キャンペーンをおこなっており、
上記の断熱フィルム「シルフィード」とお求めやすい「ルミクールSD」が
どちらも定価から40%OFF!!
近隣の三芳町、所沢市、川越市、ふじみ野市、富士見市、新座市、朝霞市、志木市、
さいたま市などにお住まいの方はもちろん、
近くでお仕事をされている方や、ご用のある方で
断熱フィルムが気になった方は、体感器もございますので、
この機会に是非当店までお問い合わせ下さい。

*上記のキャンペーンは終了致しました